お電話でのお問合せはこちら
0829-32-4627

環境報告書

REPORT

エコアクション21
「エコアクション21認証・登録制度」とは、環境への取り組みを効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、
環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告するための方法として、
環境省が策定したエコアクション21ガイドラインに基づく、事業者のための認証・登録制度です。

2016年1月
「エコアクション21」を取得いたしました。

株式会社シンテツは、このたび事業活動における環境への取り組みの一環として、
環境省が策定した環境マネジメントシステム「エコアクション21」を取得いたしました。
活動内容については、弊社エコアクション21環境活動レポートをご覧ください。

環境報告書 -環境活動レポート-

(平成31年4月~令和2年3月)

(平成30年4月~平成31年3月)

(平成29年4月~平成30年3月)

(平成28年4月~平成29年3月)

  

  

  

  

シンテツのSDGsへの貢献
地球と人の美しい未来を支える企業として、SDGsの目標達成をめざします。

国連サミットで合意された「持続可能な開発目標(通称SDGs)」には、
2030年に向けて世界をより良く変えるための17の目標が掲げられています。
シンテツは美しい地球環境を守りながら、人々の豊かな暮らしを支えていくことを企業理念としており、
私たちがめざす先は、SDGsが掲げる目標と同じであると考えています。
社会と企業の持続的な発展に向けて社会課題の解決に貢献しながら、
世界が目標に掲げるSDGsの達成にチャレンジしていきます。

  

世界を変えるための17の目標SDGsとは
SDGsとはSustainable Development Goalsの略称で、日本では「持続可能な開発目標」と訳されています。
2015年9月の国連サミットでSDGsは、「誰一人取り残さない世界」の実現に向けて、
150を超える加盟国首脳の参加のもとに合意されました。
ゴールとして設定された2030年に向けて「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」などの
17の目標と各目標の内訳となる169のターゲットが掲げられています。

  

SDGsの各目標とシンテツの取り組みとの関係性
シンテツの取り組みとSDGs

事業を通じたサステナビリティ
事業そのものを通じて持続可能な社会の発展に貢献し、人々の豊かな暮らしを支える。
職場環境の改善で健康に活動ができるようにします。
廃棄物処理から発電燃料を作り、再生エネルギー生産に寄与します。
安心して働ける職場を作り、社員一丸となって発展を目指します。
相手の意見を受け入れ、お互いが尊重しあえる環境を作ります。
清掃活動を通じて地域環境を良くしていきます。
電気、燃料のエネルギー削減をしてCO2の排出抑制をします。
廃棄物処理のリサイクルを通じて、資源の有効利用をしていきます。